│ ■トップページ  │ ■お申し込み  │  ■特典+α   │  ■Q&A   │  ■特定商取引に基づく表記   │


 

Q&A

Q:売買判定サインはどのように表示されるのでしょうか?

非常に簡単です。画面上に現れる、

    で買いポジション投入、  ↓で買いポジション決済。

    で売りポジション投入、  で売りポジション決済。

と、単純ですので、どなたでも簡単に判断いただけます。一般的なテクニカル分析にあるような判断を悩ませる表示を行いません。また、音でもお知らせします。

 

Q:高性能なシステムとは何ですか?

ずばり言いますと右肩上がりの綺麗な損益線を描くシステムです。
トレーディングシステムの性能を表す専門用語で言いますとドローダウンが少なくプロフィットファクターの数値が高く勝率が高いものということになります。

また、トレード回数が適切であり資金効率が良いことも高性能なトレードシステムには必要な条件となります。なお、勝率100%等の極端に勝率の高い投資方法は、多額の含み損が発生しがちであったり、トレード回数が極端に少なかったりするので、高性能なトレードシステムとはいえません。

Q:商品の内容はどのようなものですか?

究極のFX必勝システムのプログラムファイル 3バージョン

サイン自動メール送信ソフト:シグナルウォッチドック

マニュアル:システムの使用方法や必要なノウハウ (A4サイズ全32ページ)

そのほかテキストファイルによる説明書数点

 

Q:「Super FX SYSTEM」を使うには、何が必要なのでしょうか?

Windowsパソコン で、次の条件を満たす物が必要です。

OS:Windows2000、XP 、Vista ※3

CPU:800MHz以上(1GHz以上を推奨)

メモリ:256MB以上(512MB以上を推奨)

※3. 一般に流通している32ビット版のみのサポートであり、64ビット版での動作は未確認でかつ、サポートは御座いません。

Q:「Super FX SYSTEM」は高性能な故に扱いにくいということはありませんか?パソコン初心者の私でも扱いきれる物なのでしょうか?

そんな事はありません。メールやインターネットの設定やソフトのインストールがご自分でできるレベルの方なら扱えます。 ほとんどの方が理解できるような分りやすいマニュアルとなっております。

Q:資金はどのくらい必要なのですか?

システムとしては、最低保証金3万円にて開始することが出来ます。ですが、最大ドローダウンでの損失を全資金の30%以内とする場合は20万円程度の資金を用意する必要があります。


Q:「Super FX SYSTEM」は自動売買が可能なのでしょうか?

可能です。 ですが、 停電、パソコンの故障、ネットワークの切断、サーバから切断などにより自動売買が執行されなくなるリスクがあります。そのため、手動による売買を推奨します。

自動売買をされる場合は、CMS社の利用承諾事項をご理解したうえでご利用ください。


Q:売買サインによる手動売買を行う場合は、パソコンの前に長い時間座っていなければならないのでしょうか? また、トレードにあてる時間の少ない人でもシステムを使うことは可能でしょうか?

パソコンの前に長時間座っている必要はありません。売買サイン出力後の数分後でも数時間後でも売買サインが出た時間足の終値と同じ価格で指値注文を手動で入れれば、自動売買と同じ成果を出す事が可能です。

Q:取引会社(ブローカー)は何処を使うのでしょうか?

手動取引の場合は取引会社は任意の会社をご選択いただけます。但し、スプレッドポイントが低く手数料が無料である業者を推奨いたします。自動取引の場合はCMSをご利用ください。
(Super FX SYSTEM自体はCMS社のVTトレーダー上で動きますが、お取引は任意の取引会社で可能です)

 

Q:よくあるFX商材のように、結局は自分で売買サインを判断しなければならないというようなオチはないでしょうか?

ございません。複雑な手法を組み合わせたマニュアルや動画による説明のみのFX商材は、こういう場合は○○○、このパターンはこの○○戦略といったようにその判断をユーザに任せる物が多く存在します。マニュアルは非常に分厚く、それをすべて理解し使い慣れなければ、実際には利益を上げることは出来ません。

これに対し、Super FX SYSTEMは上記のようなFX商材でいうノウハウ(戦略)のすべてがシステムのロジックに組み込まれていますので、マニュアルどおりにパソコンを設定するだけで、相場の判断のすべてを自動でパソコンが行ってくれるようになります。

 

Q:この結果は裁量判断を行った結果なのでしょうか?

いいえ。Super FX SYSTEMによる自動判断のみで、一切の裁量は含まれておりません。